フィナステリドは髭を薄くするのに良い?

壮年性脱毛症などで頭髪が薄くなった人に良いとされるフィナステリドは、男性ホルモンに作用することから、全身の体毛に影響を与える飲み薬です。壮年性脱毛症を含む、いわゆる男性型脱毛症は、頭皮の一部でジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが毛乳頭細胞に悪影響を及ぼし、毛髪が成長せず抜けやすくなります。DHTは男性ホルモンで最も多く9割を占めるとされるテストステロンと、物質を変化させる性質を持つ5α還元酵素が結びつくことで生成されます。このDHTは母親のお腹の中にいるときから働きはじめ、胎児の性器を形成する重要なホルモンですが、その他にも男性を男性たらしめる要素として存在しています。男性の象徴としては髭が挙げられますが、DHTはこの髭を濃くする働きがあり、さらにニキビや前述のように男性型脱毛症の原因となっています。フィナステリドは5α還元酵素を阻害する働きがあり、酵素の働きが弱くなることで、男性ホルモンのテストステロンからDHTへの生成を抑制することができます。DHTの生成が少なくなることで、毛乳頭細胞が再び活性化し、成長の止まっていた毛髪が伸びるようになりますが、同時にDHTが少なくなることから、髭への影響が弱くなって薄い髭となります。フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬に使用されますが、その他の髭や体毛にも影響を与えることは周知の事実です。ただし、理屈の上では髭が薄くなるのですが、生活環境や食生活、併用する治療薬や個人差によっては逆に濃くなるという報告も出ているので、必ずしも薄い髭を作るのに良いというわけではないようです。実際に試してみないと分からない点が多いので、髭を薄くする目的で使用するのは控えた方が良いでしょう。

ページトップへ